【113年の歴史に幕】老舗の蕎麦屋が「蕎麦アレルギー」で閉店 「こんな切ないこと、あるの?」...

   

【113年の歴史に幕】老舗の蕎麦屋が「蕎麦アレルギー」で閉店 「こんな切ないこと、あるの?」...


sobafes_01


1:朝一から閉店までφ ★
2016/07/07(木) 21:50:18.88ID:CAP_USER9.net



2016/7/ 7 19:13
東京・内神田にある老舗の蕎麦屋「満留賀」が閉店した。

店主は蕎麦アレルギーを患っており、症状が悪化したことがその理由。インターネットでは、驚きとともに、「あまりに切ない」との声があがっている。

【113年の歴史に幕】

明治36(1903)年創業の内神田の蕎麦屋「満留賀」が2016年6月24日、突然その暖簾を下ろした。

店には1枚の貼り紙。そこには、
"
「お客様にお知らせ
 日頃から格別のお引き立てを賜り誠に有難う御座います。
 この度、店主、蕎麦アレルギー悪化により、下記の通り一時閉店さ
 せて頂くことになりました。
 明治36年(1903年)より神田の地に来て113年に亘り、永い間ご愛
 顧いただきました皆々様に心から厚くお礼申し上げます。
 誠にありがとうございました。」
"
と、昔の写真を添えて記している。

閉店の理由は、なんと4代目店主の竹本伸之さんの蕎麦アレルギーの悪化だ。

7月7日、店側に取材すると、家族は「当初は本人も(蕎麦アレルギーとは)気がついていなかったようですが、5、6年前から手が荒れてきたりして、痛かったようです」と話した。

徐々に手や肌の痛みがひどくなり、「昨年(2015年)の暮れには『年越しそばも今年が最後になるかもしれない』とこぼしていましたから、おそらく本人は大変だったのでしょう」というから、店主もすでに蕎麦アレルギーであることはわかっていたようだ。

医師に診てもらったところ、「生命に危険が及ぶ可能性がある」と指摘され、閉店を決断した。

店の貼り紙には、「一時閉店」とあるが、家族によると「(蕎麦アレルギーが)ひどいので、おそらく(店を)もう開けることはないと思います」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/11735812/



8:名無しさん@1周年
2016/07/07(木) 21:52:19.92ID:3uB6n4Nw0.net



生命にかかわるからな


2:名無しさん@1周年
2016/07/07(木) 21:51:09.74ID:PiJAsvrM0.net


誰かに譲るってのは



続きを読む

 - Uncategorized

女性ホルモンサプリメント